非モテ同士が結婚したら

私たち夫婦は独身時代、お互い出会う前はいわゆる「非モテ」でした。
私はBL系・乙女系アニメをこよなく愛する腐女子でした。
ダンナは、サイクリングなどアウトドアな趣味もたしなみつつも、美少女系アニメや漫画も好きなライトなオタク男子で、一時期はストレスで体調を崩し、通院していたこともあるようでした。
2人とも外見はさほどひどいというわけではないのですが(笑)、そもそもモテることを諦めていたため、ファッションにはあまり気を使わなくなっていたのです。
おなじ「ひもて」でも「避モテ」といったほうが正しいかもしれません。
そんな私たちは、20代後半の時に、婚活サイトで出会いました。
お互い同性ばかりの職場に勤務していたし、当然非モテなので同性の友人しかおらず、当然異性を紹介してもらうといったことができなかったからです。
お互い、このまま30代になってしまってはだめだと思い、ネットで婚活を始めたのです。
私はダンナに出会う前に数人会って、交際しましたが、3か月以内に全員振られました。
ダンナも私よりも先に婚活を始め、数人会ったようですが、あった日に「外見が無理」などの理由で断られ、交際には至らなかったようです。(笑)
私も初めて喫茶店でダンナに会ったときは、写真と全然違ったので正直がっかりでしたが、自分もオタなので、贅沢をいえる身分でもないのでOKしました。
そこから順調に交際が続き、4か月目に私が旅行に誘い、初めての夜を迎えるわけですが、まぁ、ダンナの夜が下手なこと(笑)
最初出会ったころはお互いオタを隠していたので、驚きました。
20代後半なのに、童貞かと思ってしまうような超早漏でした(笑)挿入時に射精してました(爆笑)
でも、それで別れようとは思わず、そこからデートのたびにホテルで私と練習を重ね、早漏は治りました。
私も非モテだったから、25歳まで処女だったので、彼に教えられるレベルではなかったのですが、私が教えるしかありませんでした。
彼がオタだと分かったのは、初めて彼の家に泊まった時です。
29歳にもなるのにほぼ童貞レベルという点から薄々感付いてはいましたが。
彼が出勤してから、こっそり本棚を見ると、萌え系漫画が背表紙が裏向けて外から見えないように積んでありました。
ショックでしたが、自分の本棚にも彼が驚きそうなBL本があるため、別れたいとは思いませんでした。
それよりも洗濯機の中にカビが生えたシャツが数枚あったことのほうがショックでした(笑)
男の1人暮らしってこれが普通なのか?と驚きました。
オタなことに関しては一応本人に確認し、自分もカミングアウトしたら、彼も薄々感付いていたようです。
もうすぐ交際1周年になる、という頃に、彼から「一緒に暮らしたい」とプロポーズのようなことを言われ、私の会社のボーナスをもらってから寿退社し、同居を始めました。
非モテ同士の結婚生活は初めてなことだらけです。モテる人でも結婚生活となると初めてなことが多いですが。
お互い同棲などの経験がなく、しかも私は母子家庭で男兄弟もいない女系家族だったので、男性と1つ屋根の下で暮らすこと自体が不安でした。
これまでの交際も短期間だったので、男性に手料理を作ったのも彼が初めてでした。
それが、いつの間にか緊張感や恥じらいもなくなり、毎日ハグしているし、今は電気も消さずHしたり、一緒にお風呂に入ってダンナに体を洗ってもらっています。
2年前の頃にはお互いまったく想像できなかったも日常を送っております。
婚活中の非モテの方々、細かい条件は捨てて、相手のことを寛大に受け入れれば、脱非モテは意外と簡単なことかもしれません。

雨の表参道での結婚式

今から8年前の結婚式の思い出です。私たちは、アニヴェルセル表参道で挙式をしたのですが、私はとにかく、この結婚式場に強い憧れがありました。表参道の一等地にあり、元々有名ではあったのですが、何よりもこの結婚式場の目玉は、ページェントと言って、挙式後ウエディングドレスで、式場に併設しているカフェから表参道を歩き、カフェのお客さんや町行く人からも祝福されるという、独特のスタイルです。
初めてページェントを偶然見た時、当時上京したばかりの私は、オシャレな場所でのオシャレなスタイルに驚き感動し、『絶対ここで結婚式をしたい』と強く思いました。実際に婚約をしたのが29歳の時でしたので、ほぼ10年間、その思いは変わりませんでした。
思いが強すぎて、友人からの結婚報告を聞くたびに、先にここで挙げてしまわないかドキドキし、ついそんな事を考えてしまう自分が嫌になったりもしました。
そんなこんなで晴れて婚約し、アニヴェルセル表参道での挙式も無事決まりました。
後は晴れを祈るのみです。
台風や大雨で無ければページェントは出来るのですが、雨の日はカフェの窓も閉まっていて何となく淋しいですし、やはり晴れた日の表参道はとても素敵なので、地方から来る友人にも同じ景色をみて欲しい気持ちもありました。
が、結果当日は雨でした。しかも結構本降りの…。ショックでした…。
でもショックなのは、式場に着くまででした。式場に着いてからは、落ち込んでいられない位、沢山のスタッフに温かく迎えられ、挙式が始まってからは、家族や親戚、友人から沢山祝福してもらい、いつの間にか雨の事は忘れていました。
そして挙式後しばらくたって、冷静に考えた時に思いました。
田舎から上京した頃、冴えないただのお上りさんだった私が、こんな素敵な場所で結婚式を挙げられただけでも奇跡なのでは…と。

バツイチどうし、年下の彼

去年2年間の結婚生活を終え離婚しました。その後地元に帰り一人暮らしの為マンションを探していた時の不動産屋さんと付き合うことになりました。相手は6歳年下の29歳で同じバツイチ子なしでした。共通点もあり顔がタイプだったので彼から食事に誘われて正直驚いたのと嬉しかったのと半々です。お互いの過去を少し話したりして、自然と男女の関係になりそれが付き合ってる事になってました。離婚後半年もたたず彼氏ができるなんて自分でも驚きました。二人で旅行に行ったりだいたい私がご飯を作って彼の家へ泊まりに行ってました。最初不動産屋として会った彼と比べると服もイメージが違うというか、部屋も今までの男性の中でダントツ汚くてちょっとギャップがありました。元旦那が消費者金融への借り入れと女遊びが原因で別れた事を伝え、絶対に許せないと彼に言いました。ある日部屋を先に訪れ、掃除してると業者への借入明細がポンと置いてあり愕然としました。携帯も会社以外に2回線別にあるようで明細が見えるとこにありました。段々と不安だったのですが、別の日にどう見ても自分の髪の毛じゃない髪の毛と派手なネイルの欠片が落ちていました。さすがに嫌で切り出したけど彼は本当に知らないと言い泣いて別れたくないと言ってきました。だけど嫌でもうその場で別れました。ですが自分が寂しかったのか彼に電話してしまいまた付き合うことになり、周りから反対されました。そして勇気を出してきちんと話し合おうとすると、彼は私には関係ないことだと今まで見たことがない態度を見せました。私はちゃんと話がしたかっただけなのにガッカリです。結局それで終わりました。

4度目の結婚はラストマリッジ

妹の親友で私の友人でもある女性が、数年前に4度目の結婚をしました。相手は同じ年の男性で、二人とも50代なので、友人はこれが「ラストマリッジ」だと言っていました。それはそうですね。その前に3度も結婚しているのですから。1度目の結婚式には私も参列しました。彼女が23歳の時で、相手は2歳年下の男性、鎌倉の鶴岡八幡宮で結婚式をあげました。彼女は白無垢を着て檀葛を歩き、外国人観光客に写真を撮られていました。
最初の結婚で娘さんが2人生まれたのですが、5年ほどして、彼女は当時のダンナ様の同じ職場の男性と親しくなり、最初のダンナ様と離婚して2番目のダンナ様と結婚することになりました。2番目のダンナ様との間に3人目の娘さんが生まれたのですが、やはり5年ほどすると、彼女は今度はまた他の年下の妻帯者の男性と親しくなりました。2番目のダンナ様と離婚して、また3番目のダンナ様と結婚することになったのですが、もうそれぐらいになると、友人たちなど周りはほとんど驚きませんでした。
今のダンナ様と彼女が会ったのは、もう10年以上前だと思います。今のダンナ様も妻帯者で、娘さんが3人いるお父さんでした。二人は小学校のPTA活動で知り合ったのだそうです。今のダンナ様はいろいろと苦労人でしたが、彼女にとってはとても相性が良くて、「初めて一緒のお墓に入りたいと思う人に出会えた。」と言っていました。数年前に今のダンナ様の前の奥様との離婚が成立すると、彼女はとうとう4回目の結婚をすることになったのです。今のダンナ様とは長く続いているし、幸せに添い遂げてもらいたいものだと思っています。