男性不信の私が信じられる男性と結婚することがでいました

旦那さんと出会う前は、浮気癖の男性や不倫をしていたりして、心から男性を信じられることができなくなっていました。

不倫で傷つき一人になったのが25歳の時でそこから4年間彼氏を作ることができなかったのです。

精神的にも落ち込み過食症になり引きこもりまでしてしまったのですが、なんとか社会復帰をすることができ
その職場で出会ったのが彼でした。

今まで私は男性を見た目やユーモア、女性の扱いが慣れている人に惹かれる傾向があったのですが、
彼は全く逆のタイプでした。

不器用で女性と話すのが苦手でシャイなタイプです。

それでも、ゆっくりと一生懸命アプローチしてくれて私もこの人なら信じられるかもという気持ちになってきました。

結婚を前提に付き合ってほしいと言われ、おつきあいを始めました。

一緒にいて気づいたのは、とにかく安心するということです。

今までは男性と一緒にいても常に不安があったり行動をチェックしてしまっていたのですが、
彼にはそんなことしなくて良いのです。

すごく誠実で優しくて、結婚をするならこういう人がいいんだと思いました。

うまくいく男性とは何事もスムーズに物事が運び、家族からも祝福を受けて無事に結婚することができました。

結婚後はなんとなく家族みたいな感じになってしまうのは仕方のないことで、私のほうがあまりときめかなくなってしまいました。

世間では妻の不倫などが流行っているなどと聞きますが、独身時代に散々そういった恋愛に振り回されてきた私は
全くそういったことをしたいと思いません。

今思えば、不倫をやめられなかったのは、彼が好きすぎてというだけではなく彼に奥さんがいたからそこまで好きになってしまったと
冷静に理解ができるのです。

旦那さんにときめかなくても仲良いですし、信頼関係がきちんとあり、二人で一緒に子供を育て家庭を守っているという意識があるので
うまくいっていると思います。

若い時の苦い経験があることで今の幸せがあるのかなという気がします。