旦那さんとの出会いと思い出

まず私と旦那さんの出会いのお話からさせて下さい。当時24歳だった旦那さんは、繁華街でショットバーを経営していました。まだ商売を始めたばかりの駆け出しの時期でした。当時19歳だった私は、同じ繁華街にあるラウンジで働いていました。高校を卒業して医療系の専門学校に通いながら、アルバイトとして働いていました。手っ取り早く言うと、私のお店に旦那さんが飲みに来たのが出会いのきっかけです。旦那さんが自分の店のお客さんと一緒に、営業終わりに飲みに来たのです。そのときに接客したのが私でした。旦那さんの第一印象はこの人めっちゃ面白い!しかも男前!という感じでしたが旦那さんは私のことをどう思ったのかは知りません。そこから何度か同じメンバーを引き連れて飲みに来てくれていて、話してる中で共通の趣味を見つけたのです。それはインターネットカジノ、通称ネカジです。繁華街なので知る人ぞ知るカジノ店がたくさんありました。私は当時仕事帰りに一人でカジノに行くくらいハマっていました。旦那さんは十代の頃、カジノにハマっていたらしく、懐かしいなぁ!一緒に連れて行ってよ!ということになり、私の仕事終わりに一緒に行きつけのカジノに行きました。このときが初めてプライベートで遊んだときでした。そこからだんだん仲良くなっていってお客さんというよりも友達になっていました。ある日酔っ払った旦那さんにバーで付き合う?とか言われてお付き合いがスタートしました。翌日の旦那さんは覚えてなかったらしいですが。。。今は幸せいっぱいなので良しとしましょう。。。お互いに時間帯が夜の仕事なので、デートは朝方からお昼まで、というかんじでした。いろんなところに連れて行ってもらいましたが、強く思い出に残っているのはユニバーサルスタジオジャパンと神戸のモザイクです。ユニバはホワイトデーに連れて行ってもらいました。モザイクはお洒落なランチを食べてから、小さいテーマパークでお化け屋敷に入ったのですが、その暗闇の中で財布の落し物を見つけて係員の方に届けたりしました。今となっては懐かしい思い出です。