人生の中で1番消したい恋愛の思い出話。

私が 23歳の時の話。
当日 フリーターで 気になる飲食があったのでアルバイトの応募をしました。
面接の日 その飲食店のマネージャーである人が 面接をしてくれました。

39歳という年齢よりも若く見える男性でした。
なぜか 面接なのに そのマネージャーと意気投合。
即決でアルバイトも決まり、
後日 必要な書類を色々書く約束をして
電話番号とアドレスを交換しました。
こんなに密に接してくれるマネージャーや店長は 今までアルバイトをしてきた中でも珍しかったし、
何より雰囲気のいい人だったので、
勘違いかな?とか思いながら、
気になりだしました。

そして、面接した次の日、
書類を書く為に、何故か駅前のターミナルで待ち合わせ。
マネージャーは車で私を迎えに来ました。
そのままファミレスへ。
ドリンクバーを頼んで
書類も書かずにお喋り。

やっぱり勘違いじゃなくて、
この人も私の事気になると思ってくれてるのかも!と少し確信しました。

数時間話して やっと書類を書き終わり、ドライブに誘われました。
驚きの展開でどうしていいやら…
そして 河川敷公園が少し走った所にあったので そこの駐車場で、
また お喋り。
急に、ほっぺにキスをされてしまいました。
あまりに驚いて
マネージャーの顔を見たら
イタズラっぽく笑って、

一目惚れしました。

なんて言われました。
なにが、起きているのかわからず、
はい!って裏返った声で返事して、
アワアワしてたら 抱き締められるし
嬉しいような困ったような、
変な気持ちになりました。

その後も何度か
勤務時間が一緒になる度に 、
お喋りしたり、
帰りに家まで車で送ってくれたり、
だんだん 好きになっていました。
一目惚れしました。っていうのは、
告白で はいって言ったから、
もう 私達は付き合ってるんだろうか?
という、モヤモヤを拭えないまま、
ある出来事が起こりました。
マネージャーも私も仕事がお休みで、
久しぶりにドライブに誘われました。
ゆっくり話すのは本当に久しぶりで、嬉しかった。
大好きって言ってくれたり、
たくさんハグをしてくれたり、
キスをしてくれたり、
夢を見ているみたいでした。

私達は付き合ってるんだと、
やっと確信できたような気がした。

だから、そのまま連れられて、
マネージャーと身体の関係を持ちました。
素直に嬉しかった。
心から愛してもらえた。
そう思いました。

そろそろ帰ろうか。という言葉に、
私は 少しわがままを言いたくなって、
もう少し一緒に居たいです。と
勇気を出して 言ってみました。
でも…その後、
マネージャーの口から出た言葉が、
今まで抱いていた全ての思いや、
言葉、出来事、全てを消し去ってしまいました。

「嫁さんが多分 もうごはん作って待ってるから帰らないとね」
今もハッキリ思い出せます。
泣きたかった。
でも、一番、泣きたいのはマネージャーの奥さんの方だと思い、
必死に堪えました。
平静を装って、そうですか。
わがままを言ってすみません!と
私は笑って見せました。
出会ってから、その日で半年弱。
マネージャーに奥さんが居るなんて、
全く知りませんでした。
店舗のパートのおばちゃんにも、
マネージャーはあの年齢になっても独身だから、もうお嫁さん来ないよ。
などと笑われていました。
信じていたけれど、
小娘が大人に遊ばれただけだったのです。
何より、私が大嫌いだと思っていた不倫を 知らず知らずの内にしていたのですから、自分を随分責ました。

次の日、すぐに私は、
その飲食店を辞めました。
その後も、マネージャーから、
会いたいというメールが何通か着ましたが、メールも無視でアドレスも変えました。
ただ、待ってる奥さんを放っておいて平気で不倫をしてしまう男もいるんだと、人生のいい勉強になりました。

それからいろんな人と恋愛もしたしお見合いもしました。

今は私も人の奥さんになっていますが、最高の男性の奥さんになれたので、
何だか、彼を見返せたような気がします。