いろんな人に助けられてできた結婚式

私たち夫婦はお金にそんなに余裕がありませんでした。ですから結婚式なんて最初からやるつもりはなかったのです。プロポーズされた時もお金がないので、結婚式は諦めようと思っていました。ウエディングドレスに興味がなかったわけではありません。でもどうしようもないことってあると思います。彼の仕事も定まっていなかったので、結婚式なんてお金がかかることをしていはいけないと思いました。
ですがそのことをお互いの両親に話すと大反対されました。結婚式は必ずしないと後悔すると言われました。実は彼の方の両親も結婚式は一度も挙げていないらしいです。それをすごく後悔していると言っていました。私にはそんな後悔してもらいたくないからと言って結婚式のお金を工面してくれました。その話を聞いた私の両親も「その通り」と賛成してくれて結婚式場の代金を半分ずつ工面してくれることになりました。両親はお金に余裕があったわけではないはずです。でも私のために結婚式の貯金を貯めていてくれたらしいです。親の愛情に助けられて私たちは結婚式を挙げることができました。念願の真っ白なウエディングドレスも着ましたし、お色直しで別のドレスも着させてもらいました。なんて私は幸せ者なんだろうと思いました。
確かに結婚式までの打ち合わせはとても大変です。夫は忙しい時期だったので打ち合わせに参加できずにいて私がほぼ決めてしまいました。不安もありましたが、プランナーの人がすごく詳しい人で助けになってくれました。結婚式経験のある友人にも頼んでいろいろと教わったりもしました。おかげで結婚式の当日は大成功です。来てくれたみんなからも喜んでもらいました。出し物ではダンスを友達が踊ってくれたり、クイズをしたりとわいわいしました。いろんな人にお祝いの言葉をもらいました。
結婚式の準備はすごく大変です。でもそれだけ素晴らしい感動を当日には感じました。こんなに幸せな結婚式を迎えられたのも両親のおかげです。両親からの言葉を聞いたら、自然と涙が出てきました。父も大泣きしていました。私はこんな両親の間に生まれて幸せでした。貧乏でも愛情をたくさんもらいました。夫の両親も私の両親も泣いていて、とても感動的な結婚式になりました。やっぱり結婚式は一番の思い出です。結婚式を挙げられたことは一生の思い出になっています。